1. ホーム
  2. 公認会計士を目指す人へのアドバイス
  3. ≫環境を用意することの効果について理解をしておくことで公認会計士資格取得が近くなる

環境を用意することの効果について理解をしておくことで公認会計士資格取得が近くなる

公認会計士を目指すにあたり、こつこつと努力を積み重ねなくてはなりません。その上においてのポイントというものはいくつかありますが、大切なことの1つとして「環境を作る」ということもまた大切だといえるでしょう。今回は、そうした環境について考えていきましょう。

■同志を作るという事
幼稚だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、人間の心理的な部分を考えると非常に有効的な手段であるのがこの同志を作るということなのです。自分と同じく公認会計士を目指す仲間を作ること。それによって、より一層の意識を高めることが出来たり時には共に学びあい指摘しあうこともできるでしょう。

また、継続的にそして計画的に勉強を進めることもしやすいのです。

■集中するということ
必ずしも勉強は長時間すれば効果が上がるというものではありません。集中をして勉強ができる環境を作る心がけもまた良いことといえるでしょう。人によってさまざまではありますが、2時間前後が人間の集中力の限界ともいわれていますので目安としてみてはいかがでしょうか。

■空間を決めること
勉強をする空間を決めるという事もまた資格取得に向けてよい対策といえるでしょう。同じ場所で勉強をすることによって自然と意識をシフトすることもしやすく、切り替えも行いやすくしてくれるのです。また、集中力という部分にいおいても良い影響を及ぼすとも言われています。

内外かかわらず、自分が集中して公認会計士の勉強が出来る場所を確保してみましょう。

■知識ばかりではなく環境も
知識を身につけることはもちろん大切なことではありますが、そのための環境を準備するということも同様に大切なことといえるのです。改めて自分自身の環境を見直してみてはいかがでしょうか。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。