1. ホーム
  2. 公認会計士を目指す人へのアドバイス
  3. ≫公認会計士の資格取得を目的とした専門学校で学ぶことを有効的に活用する

公認会計士の資格取得を目的とした専門学校で学ぶことを有効的に活用する

公認会計士になるために、学校に通っているという方もいらっしゃるでしょう。全日制のものから社会人でも学べるような夜間学校などいまではさまざまなスタイルが提供されています。学校に通うのですから、それを有効的に活かすことが大切となってきますが、今回は活かすポイントについて考えていきましょう。

■講義のポイントについて
まずは学校の主要なものといえるのが「講義」でしょう。その際のポイントについてですが、講義中は話を聞くことに集中をし、できればその場その場で理解をしていくことをおすすめしたいと思います。ノートをとることに集中をしすぎてしまうと逆に非効率だとも言われているのです。

■テキストに書いてあること・書いていないこと
ノートをとるにしても、基本的にはテキストに書かれていないことを「メモする」という意識をもっておくと知識として身につけやすいでしょう。文字を詰めてしまうことによって、理解が逆に難しくなってしまうという事もあるのです。講義の時間を充分に活かすためにもこうした心がけを持っておくことをおすすめします。

■時には融通も必要
どうしてもスケジュールは細かく設定してしまいがちなのが学校に通うということでしょう。もちろん、スケジュール管理は大切な事柄でもありますが、時には融通を利かせるということも取り入れていきましょう。今何が必要なのかなどというその時々の「確認作業」のようなこともまた大切になってくるのです。

■有効的に活用していこう
公認会計士になるために学校に通うのですから、その時間を少しでも有効的に活用したいものです。上記のようなポイントを取り入れながら効率的に知識を身につけてみてはいかがでしょうか。個人差ももちろんありますので、自分にあったものを選んでいきましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。