1. ホーム
  2. 公認会計士を目指す人へのアドバイス
  3. ≫目標をたてて公認会計士を目指すことは絶対に必要なので高い意識を持っておきましょう

目標をたてて公認会計士を目指すことは絶対に必要なので高い意識を持っておきましょう

公認会計士として資格取得を目指し対策や勉強をしていく中で大切なことというものはいくつかあるかと思います。今回は、その中の1つのポイントについて触れていきましょう。果たして、どのようなポイントがあるのでしょうか。

■目標を設定すること
目標はもちろん、公認会計士になることではありますが、それ以前の目標というものを設定していただくと良いでしょう。例えば、公認会計士とは別に簿記検定を取得するなどというものでもかまわないのです。こうした目標を設定するという事はそれに向けたスケジュールも管理しやすくしてくれるのです。

■最終目標の助けになる
公認会計士を目指すのですから、それ以外の検定試験や資格試験もしくは知識などは必要ないと考える方も多いかもしれません。しかし、これらは最終目標の助けともなってくれるのです。資格を取るという事は、目的ばかりではなく「知識をインプットする手段」ともいえるのです。

こうしたことを身につけていくのもまた、公認会計士の資格試験合格にも有利に働いてくれることでしょう。

■ビジョンを描くということ
ただ資格を取得するというばかりではなく、将来的な自分の姿やビジョンというものを考える必要もまたあるでしょう。これは前提的な意識といっても過言ではないかもしれません。ですから、小さな目標をいくつか立てるということは大切なことなのです。

1つずつ成し遂げていくことによって、自信にもつながってくれることでしょう。

■効率的に進めるためにも
継続的に勉強を進めていくためにもそして効率化をはかるためにもこうしたスタンスというものはおすすめとなっています。それぞれの環境や状況に応じたものを取り入れて実践してみてはいかがでしょうか。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。