1. ホーム
  2. 公認会計士を目指す人へのアドバイス
  3. ≫公認会計士の資格の早期取得に向けて今後どういった勉強スタイルを取り入れるべきかを考える

公認会計士の資格の早期取得に向けて今後どういった勉強スタイルを取り入れるべきかを考える

公認会計士になりたいと資格取得を目指している方もいらっしゃるでしょう。日々対策をしていく上において、意識をしておくと良いこともいくつか考えられるのです。今回はそうした意識的部分について見ていきましょう。

■インプットとアウトプット
公認会計士になるための知識を身につける「インプット」とさらには、筆記試験などの問題が解けるようにする「アウトプット」を使い分ける意識が大切です。配分には個人差が出てくるかと思いますが、アウトプットのほうが人間の脳は疲れやすいといいますので、時間管理や効率化のために覚えておくとよいでしょう。

■暗記と把握すること
特にインプットの際に関わってくることなのですが、暗記と把握するという事をポイントにしておきましょう。ただ暗記をするというばかりでは、公認会計士の資格試験に合格することは難しくなってしまいます。ですから、理解をすることもまた重要なことなのです。

状況にあわせてどのようなスタンスで何を身につけていくか選択していくのも良い方法です。

■仕分けをするということ
公認会計士の勉強の中には、さまざまな分野があるかと思います。ですから当然ながら、得意なものとそうでないものが出てくることでしょう。まずはそれを仕分けるというのもおすすめの方法なのです。比較的にスムーズに進められるものを先に学び、その後でじっくりと苦手分野について学び取っていくと効率的に進めることが出来るともいわれているのです。

■上手にスタイルを確立していく
このように、いくつかの勉学ポイントや意識を持っていただくことによって、より一層資格試験対策が順調にすすめられることと思います。自分のスタイルを確率して、夢に向かっていきましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。